高血圧症を防ぐ食事療法

食事療法の中で最も重要なポイントは減塩です。
1日の塩分量は6グラム未満を目指しましょう。

<減塩のポイント>
みそ、しょうゆ、ソースなどの調味料は使いすぎないように、料理は薄味にするなどの工夫が大切です。
①汁物の量を減らす。麺類を食べる時は汁を残しましょう。
②しょうゆやソースなどは、「かけて」食べるより「つけて」食べましょう。
③外食、加工食品、インスタント食品、スナック菓子は塩分が多いです。控えましょう。

<食品に含まれるおおよその塩分量>
・梅干し1個(10グラム)/たくあん(4枚)・・約2グラム
・みそ汁1杯(150グラム)・・・・・・・・・・約1.5グラム
・天ぷらそば/山かけそば(汁含む)・・・・・約6グラム
・ラーメン(汁含む)・・・・・・・・・・・・約4グラム