<インフルエンザについて>


インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性の感染症のことです。
インフルエンザワクチンは10月から接種することができます。
年齢にも因りますが、ワクチンは1回接種すればよい、と最近は言われています。
お近くのクリニックにて接種することをおすすめいたします。

それでは、インフルエンザについて簡単にお話ししたいと思います。


インフルエンザは、主に次の3つのルートで感染します。
①罹患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入るルート
②罹患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生した飛沫を吸い込むルート
③ウイルスが付着した物(吊り革、紙幣など)や、握手のような直接的な接触により、手を通じ口からウイルスが侵入するルート

したがって、罹患者は、必ずマスクを着用すること。
咳をするときは、マスクの上から、タオルなどで抑えると良いでしょう。
公共の機関を使用することは控え、学校、職場は休み、家で十分に休息しましょう。
罹患者のマナーがあります。感染を広げないように心掛けましょう。


では、まだ感染していない者は、どのように防げばよいのでしょうか。
これは、間違いなく、「手洗いとうがいの励行」です。
これしかありません。
食事前、職場に着いたら、家に帰ったら、など、1日に何度も「手洗いとうがい」をするチャンスは訪れます。
しっかりと「手洗いとうがい」をするようにしましょう。
学校、職場、公共機関にはウイルスがたくさん存在します。
帰宅したら、就寝前に必ずお風呂に入って、皮膚に付着した多くのウイルスを洗い流しましょう。
お風呂は、湿度が高く、そこで呼吸することで鼻や喉奥の粘膜についているウイルスを退治する効果もあります。
体を清潔に保ち、良質な睡眠をとることは非常に重要なことです。


それでもインフルエンザに罹患してしまったら・・・
インフルエンザの症状は、咽頭痛や高熱、全身のだるさ、空咳、動悸など、いろいろな症状を伴って現れます。
いつもとは何だか違う、そして熱がどんどん上がってきた、という場合は、インフルエンザを疑います。
すぐにお近くのクリニックにて診断を受けてください。

○タミフル
○リレンザ
○イナビル

以上のいずれかなどが、処方されることがあります。
どちらのおくすりも、一度服薬を始めたら、必ず最後まで続けてください。
途中でやめてしまうと、体のなかで、またウイルスが増殖してしまうことがありますので、大変危険です。


最後に。インフルエンザは特効薬もあり、怖がり過ぎる必要はありません。
しかし、学校や職場を休むなど、活動を制限されることになり、また症状も非常に辛いものです。
予防できるものなら、予防した方が良いわけです。
とにかく「手洗いとうがいの励行」と「体を清潔に保ち良質な睡眠をとること」をおすすめしたいと思います。
みなさま、これからウイルスが元気になる冬を迎えます。
以上のことを守って、快適な冬を過ごしましょう。